草履


豊臣秀吉

名古屋市中村区(常泉寺)


草履を懐で温めていたという秀吉の話は有名ですが、
これは、たまたま秀吉が温めていたときに信長が
気付いたと考えるべきではないと思います。
おそらく秀吉は、常に信長の草履を温めていたで
しょうし、他の局面でも考えられるすべての配慮を
行き巡らせていたと思われます。それら努力が、
信長に見出されるというチャンスを呼び込んだのです。

決して信長の草履を懐に盗もうとしたとき、
たまたま信長の目に留まり、機転がよく
「信長様の草履を温めていました。」と
答えたということではないと思います。

不断の努力が、チャンスを呼び込んだのです。

織田信長
織田信長像
清須市

戻る