持統天皇


藤原宮跡

奈良県橿原市高殿町

藤原京は、持統天皇の8年(694)から和銅3年(710)
まで、持統・文武・元明天皇三代にわたる都。藤原宮
はその中心部にあたり、現在の皇居と国会議事堂、
及び霞ヶ関の官庁街とを一ヶ所に集めたような所。
大きさは約900m四方、まわりを大垣(高い塀)と壕
で囲み、各面に三ヶ所ずつ門が開く。中には、天皇
が住む内裏、政治や儀式を行う台極殿と朝堂院、
そして、役所の建物などが建ち並んでいた。








戻る