善立寺



岡崎市祐金町

善立寺
もとは安城にあり、1467年の創立と言われ、安祥城主
であった松平親忠が深く信仰を寄せていました。しかし、
その後松平清康(家康の祖父)が安祥城から岡崎城
に移ると同時に寺も移り、松平家の武運長久を祈願し、
松平広忠(家康の父)から寺領を寄付されました。
家康も菅生川で川狩りをする時には、この寺で昼食
をとったと伝えられます。家康手植えも古名木
「臥竜梅」を実生の若木に偲ぶことができます。





戻る