家康公鎧掛松



浜松市

元亀3年(1572)家康は三方原の合戦から城に帰り、
大きな松の木陰で休んだ。そのとき鎧を脱いでそ
の松に掛けたことから、鎧掛松と呼ばれている。
この松は昭和56年に元城町の人々の手により植樹
された3代目。初代は浜松城内の堀のそばにあっ
た。また、当時鎧掛松近くの清水合戦により疲
れた馬のからだを冷やしたところは、馬冷と言っ
て、その地名が今も松城町内に残っている。





戻る