横山城



長浜市堀部町

横山城略史横山城は、長浜市と米原市の境界を
なす横山丘陵の最高所(標高312m)を中心に
三方の尾根にY字状の遺構が配置されている。
その主な施設は、四十ヶ所以上の曲輪からなり、
いたるところに土塁・堀切・堅堀などの防御施設
が設けられており、その機能は堅固で典型的
な戦闘用の山城であったといえよう。
この城は、当初京極氏の支城として築かれたと
いわれ、その後六角氏と浅井氏との対立激化
にともないそれぞれの前進基地として争奪が
行われ、浅井氏の勢力が拡大したことにより
浅井氏の南進基地としての役割を果たした。
この城が歴史の表舞台に登場するのは、
元亀元年(1570)の姉川合戦とそれ以後の
織田氏・浅井氏の攻防においてである。
ここ江北の地(湖北地方)は、古くから
北国や東国から京都に通じる交通の要衝の
地にあり、全国平定を目指す信長にとって
は、そのおさえとして姻戚関係を結んで
いた浅井氏の離反は大きな脅威であった。
また、前方に武田勢、南に長島の一向一揆
さらに北には浅井氏と手を結んでいた朝倉勢と、
信長・秀吉主従にとってこの時期は多難な状況
にあった。姉川合戦により浅井氏から奪った
横山城を預かった秀吉は、その後何度かの
浅井氏の攻撃にもかかわらず、浅井氏滅亡の
天正元年(1573)までの約3年間守り通し、
浅井・朝倉勢を牽制することにより、信長の
背後を守った。信長自身も本願寺攻め・小谷
攻めに際して何度も本拠地として利用するなど
重要な役割を果たしている。









戻る