弥生時代


                         登呂遺跡
                 

                 登呂の地では弥生後期のはじめ頃になってムラや水
                 田が拓かれた。
                 昭和18年に発見された登呂遺跡は、昭和22〜25年
                 と40年に発掘調査され、ムラの北側を流れていた川
                 の洪水で埋れた12軒の竪穴系の家と2棟の高床倉庫
                 約8ヘクタールの広さの水田の跡が、たくさんの生活
                 道具と共に発掘された。

                             高床倉庫
                 
                              静岡市登呂

                 後の神社建築や校倉造りの正倉院の原形ともいえ
                 るものである。

         

                            貝殻山貝塚
                 
                        愛知県清須市朝日貝塚

                           貝殻山貝塚
                 貝殻山貝塚は、濃尾平野北部の木曽川の形成した
                 犬山扇状地と南部の名古屋大地にはさまれた標高
                 5m以下の低い沖積地に立地する弥生時代の貝塚
                 を中心とした遺跡である。
                 この遺跡は古くから前期弥生文化の東漸地域の東
                 縁に位置するものとして著名であった。
                 戦前戦後の数次にわたる発掘調査によると、貝塚
                 は径約15mほどの規模のものが3ヶ所あり、主に
                 鹹水性のカキ・ハマグリと淡水性のシジミからなり、
                 主として前期と中期の遺物をともなっているが、貝塚
                 周辺一帯には前期から後期におよぶ包含層がひろ
                 がっていることが判明している。したがって、遺跡全
                 体としては出土遺物は前期から後期におよぶが、と
                 くに、いわゆる遠賀川系土器と縄文式土器の系統を
                 ひく条痕文土器の共存する状況は、前期弥生文化
                 と在来文化の関係を示す重要な資料であり、骨銛、
                 骨鏃など比較的多い骨製品にもみるべきものがある。
                 このように貝殻山貝塚は弥生文化が東海地方に定
                 着していった実相を明らかにする遺跡として重要で
                 あり、貝殻山貝塚を中心とした約1.1ヘクタールに地
                 域を指定する。

                       朝日遺跡と貝殻山貝塚
                 弥生時代は、大陸から海をこえ新しい文化が伝えら
                 れた時代です。
                 水田での米作り、鉄や青銅をはじめとする金属加工
                 などの新しい技術が導入され、日本列島に暮らす人々
                 の生活や社会は大きく変わっていきました。
                 朝日遺跡は愛知県清須市、西春日井郡春日町、名古
                 屋市西区にまたがる弥生時代を代表する遺跡の一つ
                 です。東西1.4km、南北0.8kmに及ぶ広大な範囲から
                 数多くの住居跡・墓がみつかっており、全国でも最大
                 級の集落遺跡として知られています。集落をめぐる逆
                 茂木・環濠などの頑強な防御施設は、この時代が争
                 乱の時代であったことを物語る貴重な資料となってい
                 ます。
                 遺跡からは土器、石器、骨角器、木製品、金属品など
                 膨大な量の出土品がみつかっています。美しく飾られ
                 た赤い土器、細かな装飾を施した骨角製の装飾品、特
                 別な祭器である銅鐸などの出土品は、東海地方の弥
                 生文化を代表する貴重な考古資料です。
                 また、本資料館が所在する貝殻山貝塚周辺は朝日遺
                 跡の南西部に当たり、弥生時代の初めにこの土地に
                 集落を開いた人々が最初に居住した場所です。
                 貝塚からは、カキ・ハマグリ・シジミなど貝類とともに、
                 弥生時代前期から中期初頭の土器が出土しています。
                 弥生文化が東海地方に定着していった実相を明らか
                 にする遺跡として、貝殻山貝塚を中心とした約1.1ヘク
                 タールの地域が国の史跡に指定されています。


                 
                        愛知県清須市朝日貝塚
                 この家屋は、岩倉市大地遺跡で発見された堅穴式
                 住居跡を基に設計、復元されたものです。


                           見晴台遺跡
                 

                            見晴台遺跡
                 見晴台は笠寺台地東南端近くにあり、かっては海
                 (年魚市潟)に面していた。台地上は全体が弥生時
                 代〜古墳時代の集落跡であるほか、鎌倉〜室町時
                 代は隣接する笠寺観音の寺地として、僧房か寺関
                 係者の住居群があったと思われる。毎年夏に実施す
                 る発掘調査の結果、多量の土器・陶磁器や貝・骨な
                 どの自然遺物が出土し、当時の生活を物語っている。

                 
                          名古屋市南区見晴町

                             弥生の森
                 
                          名古屋市南区見晴町

                            濠再現コーナー
                 
                           濠再現コーナー
                 弥生時代、ここ見晴台の村では、敵から村を守るた
                 め、周囲に濠をめぐらせていました。
                 その大きさは幅・深さとも約4mを測り、断面はするど
                 いV字形をしています。さらに濠の外側には土塁もあ
                 ったと考えられ、飛び越えることも、はい上がることも
                 できないように厳重に作られていました。
                 平和そうな弥生時代のくらしも実は争いや戦いの行
                 なわれたきびしい時代であったことがしのばれます。

                 

                 

                            櫻田貝塚跡
                 
                           名古屋市南区

                            桜田貝塚
                 弥生時代から古墳時代にかけての遺跡で、断面V字
                 状の溝や貝層が見つかっている。このあたり一帯は、
                 南側にある見晴台遺跡や西側の扇田町遺跡などと
                 ともに古くから集落が営まれていたところである。
                 ここから出土した魚形土器は弥生時代後期のもので、
                 壺形土器の胴の部分を魚形に作った全国的にも極
                 めて珍しいものであり、名古屋市指定文化財となって
                 いる。


                         楽苦我喜情報館へ戻る