山中山城守長俊


柴田勝家の墓

福井市

天正3年越前の国主として北の庄に赴任した勝家公
は、岡の庄(岡保)天台宗西光寺に帰依し、自らの
菩提所と定め民生安定の根本道場とするため当地に
移し保護した。この墓は豊臣家の祐筆山中山城守
(名長俊)の手によって建立されたと伝えられる。

戻る