柳生宗厳・宗矩


芳徳寺

奈良市柳生下町

柳生宗矩は、江戸時代初期の武将、大、剣術家。
徳川将軍家の剣術師範。剣術家・宗厳の五男。

柳生但馬守宗矩

奈良市柳生下町・芳徳寺

神護山芳徳寺は、寛永15年(1638)柳生但馬守
宗矩が、亡父石舟斎宗厳の供養のため創建した
もので、開山は宗矩と親交のあった沢庵和尚、
のち柳生氏代々の菩提ところとなった。

柳生家墓地


芳徳寺の北方50mの裏山、松林の中に柳生一族の
墓所がある。柳生但馬守宗矩の墓石を中央に、
石舟斎宗厳、十兵衛三厳、飛騨守宗冬など、80数
基の歴代墓石が苔むし整然として並んでいる。

天乃石立神社


旧柳生藩家老屋敷


十兵衛杉


旧柳生藩陣屋跡


戻る