八神城


                  
                           岐阜県羽島市

                             八神城跡
                  八神城主は毛利氏であった。同氏は鎌倉時代より
                  尾張国長岡庄石田郷司職としてこの地方の地頭あ
                  るいは領主として幕末まで居住し、明治維新後もこ
                  の八神城跡の一角に居住していた。この間には、
                  土岐、織田、豊臣、徳川に仕え、江戸時代には名古
                  屋藩に所属した。


                  
 
                          八神城跡のイチョウ
                  
 
                 このイチョウは、八神城主毛利氏が江戸時代に居城
                 を下中町石田から八神に移した後に植えられたもの
                 である。
                 樹齢約300年、樹高約30m、目通り3.9mに及ぶ大樹
                 で春夏の緑、秋の黄葉が美しく往時の八神城が偲ば
                 れる。

                            八神城門
                 

                 
                          海津市海津町瀬古

                 八神城からの移築門。

                               戻る