脇坂安治


生誕地

滋賀県東浅井郡湖北丁野



脇坂陣内安治侯生誕地
脇坂安治侯は、天文23年(1554)小谷山の麓の
脇坂谷で浅井氏の家臣脇坂安明の子として生ま
れました。父安明と共に浅井長政に仕え、小谷城
落城後は、羽柴秀吉に仕え賎ケ岳の合戦で活躍
し「賎ケ岳七本槍」の一人に数えられています。



脇坂安治陣跡
脇坂安治陣跡

脇坂安治
近江浅井郡生まれ。(1554〜1626)初め明智光秀
の家来
。次いで豊臣秀吉に仕える。賎ヶ岳の戦い
(1583)に軍功をあげ、七本槍の一人に数えられる。

賤ヶ岳


関ケ原の戦いでは西軍に属したが、
決戦の最中に寝返る。所領は安堵。 



戻る