☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★
   楽苦我喜インフォメーション       
                   2004.08.16
                       Vol.008
☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★

  感情の振り子

  娘達よ。おまえ達が中学生になったら、こんな会話をするかも
 しれないね。


 「最近、部活の先輩が厳しいんだ。」

 「まぁ、強くなるためには、少しぐらいは仕方ないんじゃない
 かな。」

 「でもね、目に余るんだ。だから、私の友達とかも退部しちゃっ
 たよ。」

 「そうか。」

 「もう一人の友達は、先輩に対して猛烈に反発しているけどね。」

 「組織とか、家庭でもそうなのだが、ある一定の調和をとろうとす
 るので、そういうことが起きるんだよ。」

 「そうか、そういうものか。」

 「家庭で言えば、テレビドラマでもよくあるけど、お父さんがあん
 まり厳格すぎると、子供たちが反発して、家を出て行くとか。問題
 を起こすとか。感情の振り子が、極から極に移動するんだ。極から
 中間もあるけどね。」

 「なるほどね。」

 「両親があんまりケチだと、子供たちはその窮屈さが、たまらなく
 なり、『もう、いやだー。』と、言って、親とは対照的な浪費家に
 なったりするんだ。」

 「私は、どうなるかな。」

 「またね、親が、かたぐるしい職業だと、その反動で自由を追い求
 めミュージシャンになったりとか。まぁ、違う場合もあるけど、こ
 ういう傾向があることは、確かだと思うよ。」

 「でも、ちょっと面白いね。」

 「それは、歴史についても、当てはまっていると思うよ。」

 「例えば、どんな。」

 「そうだね、これなんか。興味深いね。日本の歴史で言えば、源氏
 と平家が交互にくるとか。」

 「えっ、そうなの?」

 「中学で使っている歴史の年表もってきてくれないかい。パパは、
 僕の持っている人名辞典をもってくるから。」

 「はーい。」

 「いいかい。大まかに書くよ。」と言いながら、広告の裏の白い所
 に、年表と人名辞典を見ながら、書き始めた。

 「うん。」

  平安時代  平     平家
  鎌倉時代  源     源氏
          北条   平家
  室町時代  足利   源氏
  戦国時代  織田   平家
  江戸時代  徳川   源氏

 「パパ、本当だね。平家と源氏が交互にきている。」

 「こうして歴史が出来上がり、流れていくんだ。(でも、平家と源
 氏に自分の家系図をつなげているのかもしれないけど。)」

 「だから、感情の振り子のことを知っているだけで、断然、有利なん
 だよ。生活の様々のところで活かすことが出来ると思うよ。」

 「パパ、ありがとう。参考にするわ。」



  この思い、情報により、皆さんが毎日が幸せで、楽しく、豊か
 な人生になりますよう心から、お祈りいたします。


編集後記*****************************************************
  
  お気づきの点、率直な感想や、こんな情報が欲しいというご要
  望など、ぜひ、お気軽にメールをください。
  時間がかかるかもしれませんが、返事は必ず書きます!

  まだまだ、暑い日が続きますので、くれぐれもお身体には
  ご自愛ください。

*************************************************************








楽苦我喜インフォメーションへ戻る