☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★
   楽苦我喜インフォメーション
                           2004.06.2
                       Vol.001
☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★
時間


  なあ、君達、パパが大学生の時、この例えばなしにだいぶ助けら
 れたんだ。これをおまえ達に伝えていきたいんだ。

  あるおじさんがね、公園でブランコに乗りながら、近所の会社員
 の人と話をしていたんだ。
             
 おじさん『とにかく体が弱かったんで、そんなに長生き出来ない
     と覚悟してましたが、それでもこの歳まで生きてしまい
     ました。人間の寿命ってのは、不思議なもんですねェ』

   会社員『でも、随分お元気そうですよ』

 おじさん『ええ、まあ、そう見えるだけですよ。犬を飼うでしょ
     う?そのたびに、こいつと俺と、どっちが先にくたばる
     だろう、こんどこそ、こんどこそと思いながら、とうと
     うこいつで五匹目なんです。』

 おまえたち、このおじさんのことどう思うかい。

 まだ難しいかもしれないけど、このおじさんは、死の恐怖に押し
 つぶされて、自分自身の心を解放することが出来ず、大切な時間
 を失ってしまったんじゃないかな。

 悲しいことだね。日常生活を考えた場合、死の恐怖を、辛いこと、
 苦しいこと、あせり、不安なことと言いかえることが出来るかも
 しれないね。


  あとね、こんな考え方も出来るんだ。今、私が42才なので、健
 康的に生活出来るのが、あと30年位だから。これは、ママについ
 ても同じなんだけど。

 そうすると、30年は約1万日なんだよね。もっと具体的に言えば、
 パパとママが、今日から一人1円づつ貯金したとしたら、二人で
 約2万円位しかならないんだ。

 その1万日のうち、通勤・仕事・食事・睡眠の以外の僕の自由に
 なる時間は1日のうち合わせて1時間位かな。すると、30年間で
 10,000時間。これを、24時間で割ると約420日になるのよ。人生
 は以外に短いものなんだ。ママだって同じだ。

 ちなみにね、生まれてから毎日1円づつ80才まで貯めたとすると、
 約3万円になるの。(365*80=29,200)人生はね、3万日位なん
 だ。

 そう考えると、人生は悩んでいられるほど長くはないんだ。
 やりたいこと、夢中になれることをしなければならないし、なけ
 れば、求めていくんだ。だから、おまえたちと一緒にいるときも、
 家族皆といるときも、一瞬、一瞬を大切に楽しみながら、味わう
 ように生きているんだ


  この思い、情報により、皆さんが毎日が幸せで、楽しく、豊か
 な人生になりますよう心から、お祈りいたします。







☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★
   楽苦我喜インフォメーション  
                         2004.07.03  
                      Vol.002
☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★
  
  蓮  
 近所の公園の蓮の花が咲きはじめています。

       
              京都市山科 勧修寺にて

君達を、蓮のきれいな花が咲く公園に連れていったら、パパはこの話
をするだろうな。
 「なあ、おまえたち、パパが学生時代に、小説に蓮の花について書いて
ある本があったんだ。蓮の花は特別な花なんだ。」
 「どうゆうとこが。」
 「詳しくは、覚えてないけど、『他の花は、散ってから実が成るのに、蓮だ
けは、花と実が同時に成長する』ってことだったような気がするな。このこ
とはね、『決意』という言葉の意味の重さを教えてくれているんだ。」  
「何かをなそうとすれば、まず、決意しなければならないんだ。 強く決意した
瞬間、結果はすでにそこにあるということだ。だだそれはかたちとしてまだ
見えないだけなんだ。蓮の花は、そのことの象徴なんだって。」

 「おまえ達が、自分の人生に対してどのように決意するかによって、君達
の人生の方向も、その行き着く先も変わってしまうとい  うことは、またまぎれ
もない事実だと思うよ。」 そして、しばらく、蓮の花を見てから、パパは、こう
切り出すんだ。 「おまえたち、もう一つ思い出した。」って。本当は言いたくて、
 言いたくて仕方が無かったんだけど。 小学校の卒業文集に恩師が載せ
てくれた詩があるんだ。 題は「明日」、というんだ。その中にも、蓮が出てくる
んだ。  

 明日  
はきだめに えんど豆咲き  
泥池から  蓮の花が育つ
 人皆に美しき種子あり
 明日 何が咲くか       
詩集「ひとつぶの種」より

 「特に『泥池から 蓮の花が育つ』の部分がものすごく印象に残 っているんだ。
そうなんだ。美しい蓮の花の下は、泥池なんだ。
 これは、人生と同じではないかと思ったんだ。努力の上に、素晴 らしい花、つま
り、実績やら成功があるんだと。ね。
  だから、公園のこの蓮の花を見ると、いつも『決意』と『努力』 を思い出すんだ。
それをおまえ達に伝えたかったんだ。」って、目を大きくして、おまえ達に伝えるに
違いない。  

 この思い、情報により、皆さんが毎日が幸せで、楽しく、豊かな人生になりますよ
う心から、お祈りいたします。


楽苦我喜インフォメーション戻る