宇治城



津島市宇治町茶ノ里・福祐寺

宇治城
明応・文亀の頃(1500年前後)に築かれた篠田左衛門
の居城と伝わる。織田信長の命により、弟の織田長益
が入り、篠田左衛門の息子は信長より大杉姓を拝領し
長益の家老となったという。長益が蟹江城に移るまでの
間、勝幡城とともに東海郡支配の中心的な役割を果たす。



戻る