内々神社



春日井市内津町

慶長2年(1597)には、豊臣秀吉が朝鮮出兵の
折、戦勝を祈願して社頭の大杉7本を伐採して
帆柱とし、凱旋後お礼に社殿を造営したという。



内々神社の由来
日本武尊が東征から帰り、この地で婚約者の兄・
建稲種命(たけいなだねのみこと)の死の知らせ
を受ける。尊は、建稲種命の霊をこの地に祭る。





社殿の裏に回ると、南北朝時代の名僧、夢窓国師に
よって作られたとされる、回遊式の庭が広がっている。



戻る