上野城



豊田市上郷町



応仁の頃(1467)伊勢貞親の被官であった戸田弾正
左衛門宗光による築城と伝えられる。城の周囲には、
自然地形を利用した堀が巡り、南西に本丸、北東に
二の丸が配されている。宗光は文明7年(1475)に
次男の家光を残して渥美郡大津に移り、田原城を
築いて田原城主となった。その後、家光も程なくし
て田原に移っている。明応2年(1493)上野城に在っ
た阿部孫次郎は寺部の鈴木氏、挙母の中條氏、
八草の那須氏、伊保の三宅氏等と連合して松平
親忠と井田町(岡崎市)に戦い、破れて、松平氏
に服従した。その後この城には松平内膳信定と、その
子清定が在城した。清定は天文14年(1545)松平、



広忠と戦い同年15年に降服して、桜井(安城市)に
蟄居の身となり、代って酒井将監忠尚が入城する。
しかし、永禄6年(1563)三河一向一揆が起こると
忠尚は一揆方に味方したため、隣松寺に本陣を
敷いた徳川家康によって攻められることになる。
永禄8年、一揆が鎮まって、忠尚は駿河に逃れ、
上野城は落城あいた。落城は家康により、上野
七人衆と呼ばれる在番衆が置かれた。



上野城跡無縁佛供養塔


榊原康政生誕之地

豊田市上郷町


戻る