茶屋四郎次郎


               
江戸時代の京都の豪商。幕府、御三家の御用呉服商。
               朱印船貿易に従事した。姓は中島、代々四郎次郎を
               称す。

                    茶屋四郎次郎・新四郎屋敷跡
               

              京の豪商茶屋四郎次郎は,六代まで中京区新町通
              蛸薬師下るに居を構えていた。

              感想 ビックリするくらい本能寺のすぐ近く
               なんですよね。このあたりに歴史のからくりがあるの
               かもしれませんね。

               初代清延、2代清忠、3代清次。
               清延は徳川家康の伊賀越えに協力したことで知られる。
               清忠は家康に京都所司代の設置を進言し、京・大坂・
               堺・伏見・奈良の上方五ヶ所の町人を支配した。


                        茶屋新四郎宅跡
               
                      名古屋市中区丸の内

               尾張中島家は後藤、角倉とともに京都三長者と呼ば
               れた朱印船貿易商人中島家の分家で、俗に「尾州茶
               屋」といわれた。
               初代四郎次郎清延の三男、新四郎長吉が徳川家康
               の命令により、慶長19年(1614)に創始した。
               尾張徳川家の呉服調達を命ぜられた一方で幕府呉
               服師にもに任命された。
               実際には、将軍、老中、大名諸家の接待、饗応や内
               使の用務も行っていた。
               同家所蔵の「交趾渡航図巻」(県指定文化財)は、
               東区筒井町情妙寺に寄進され、保存されている。


               
                       
名古屋市中区丸の内



                             戻る