敦賀城



福井県敦賀市

大谷吉継 敦賀城跡碑
大谷吉継(吉隆ともいう)は、豊臣秀吉に仕え、
天正13年(1585)刑部少輔となり、敦賀5万石の
城主となって、街や港の整備発展を計った。
慶長5年(1600)9月豊臣家のため、徳川家康と
関ヶ原に戦ったが敗れて、42才で自刃した。
世の人々は「吉継は衆を愛し、智勇を兼ねた正義
の賢人であった。」と讃えた。(名将言行録)
吉継の拠った敦賀城は、結城、三島の両地にわたり、
重層の天守閣を持っていたと伝えられているが、
元和2年(1616)一国一城の定めで取り壊された。







戻る