妻籠城



長野県木曽郡南木曽町妻籠

妻籠城は、いつ誰によって築かれたかは明らかでは
ないが、室町中期には築城されていたと推察される。
妻籠城は、天正12年(1584)の小牧・長久手の戦い
の折、ここも戦場となり、木曽義昌の家臣山村甚兵衛
義勝が籠って徳川家康の配下の菅沼、保科らの軍勢
を退けている。また慶長5年(1600)の関ヶ原の戦い
の時も、軍勢がはいってここを固めたが、元和2年
(1616)には廃城となった。妻籠城は典型的な山城で
空堀・帯曲輪、さらには南木曽にのびる妻の神土塁
という土塁も備えており、規模の大きな構えであった
ことが知れる。主郭より北は木曽川と遠く駒ケ岳を
望み、南は妻籠宿から馬籠峠まで一望できる。










戻る