坪内逍遥



美濃加茂市太田町












美濃加茂市太田町・祐泉寺

坪内逍遥少年時代住居跡



名古屋市中村区名駅3



近代日本文学の先駆者・坪内逍遥(幼名ー勇蔵・
1859〜1935)は、尾張藩に仕えた父の隠退と共に
美濃太田よりここ(旧・上笹島村)に転居、数え年で
11歳から18歳まですごした。その間、寺子屋や漢学
塾に入門する傍ら絵や書を習った。14歳で英語学校
に入学、その余暇を利用し芝居見物をしたり、通学途
中にあった貸本屋「大惣」で雑書を濫読したりして幅
広い文学的・芸術的素養をやしなった。逍遥自身も
「大惣は自分の芸術的心作用の唯一の本地『心の
故郷』と記している。18歳で英語学校を卒業、県の選
抜生として開成学校(東京大学の前身)に進学し上京。

戻る