豊臣秀長


豊臣秀吉の異父弟。
秀吉の片腕として活躍。

大和郡山城




郡山城跡
郡山城は、天正6〜7年(1578〜1579)に筒井順慶
が縄張りをおこない、同8年の一国一城令に基づき
拡張、同11年は天守閣も完成をみた、同13年、
豊臣秀長が入部して、さらに拡張され、文禄5年
(1596)には増田長盛による秋篠川の付け替えが
行なわれ、外堀を一周させ城下町の完成をみるに
至った。関ヶ原戦後、長盛が改易され、大阪夏の
陣以降、水野勝成がさらに松平、本多が入城し、
享保9年(1724)以降、幕末まで、柳澤15万石の
居城として栄えた。現在のこる縄張りは、秀長時代
のもので、左京堀、鰻堀、鷺堀で囲まれた本丸、
二の丸、三の丸などが、城内でそれ以外の外堀に
囲まれた地域が城下となる。なお、史跡として指
定されているのは、本丸、毘沙門曲輪、法印郭、
玄武郭、陣甫郭及びその内堀である。



この建物は、もと県立奈良図書館として、明治41年、
奈良県技師橋本卯兵衛氏の設計により建てられた木造
瓦葺二階建、日本古代建築を模した堂々たる建物。


大和郡山市城内町



墓所:京都市大徳寺大光院
奈良県大和郡山市(大納言塚)


豊臣秀長 ある補佐役の生涯

戻る