東条城



幡豆郡吉良町駮馬

東条城
鎌倉時代の貞応元年(1222)頃、足利義氏が三河
守護・三河荘地頭となった。その三男義継は吉良荘
東条を譲られ、東条吉良氏の祖となった。以後、
14代義昭に至って滅ぶまで、吉良氏は足利一門
として栄え、東条の地は300余年、足利・吉良氏も
三河・遠江支配の重要拠点であった。
南北朝時代、4代貞家は奥州管領として東国に
赴いた。その後裔が関東吉良氏である。
室町時代、応仁の乱(1467〜)では、10代義藤
は山名宗全に味方して、細川方の西条(西尾)
吉良と骨肉相争う悲劇を味わった。
12代持広は、松平清康の妹を娶り、清康が
尾張守山の不慮の死を遂げるや、清康の遺児
仙千代(家康の父・広忠)の親代りとなり
松平一門の危機を救った。
家康は、桶狭間合戦以後、織田信長と結び、
吉良・今川氏と戦い、永禄4年(1561)東条城
を攻め、14代義昭、降伏して東条吉良家は滅亡
する。しかし、天下を掌握した家康は、13代義安
の子義定を旗本に取り立て吉良家を再興した。
これが江戸時代の高家吉良家の始まりである。
落城後の東条城には、青野松平家の家忠が入って
東条松平家が成立した。家忠の伯父松井忠次は
これを補佐して武功をあげ、遠江牧野城代・
駿河三枚橋城主となり、松平姓を与えられ周防守
康親と名乗った。天正9年(1581)家忠が男子なく
没すると、家康の四男忠吉を後嗣に迎えた。
康親は天正11年に没したが、子孫は多く幕府の
要職についた。忠吉は関ヶ原合戦後、尾張清州
城主となるが、慶長12年(1607)に没し、後嗣
なく東条松平家は断絶した。また、ここには
高名な文人、武人が多く訪れている。
室町時代に歌人冷泉為和が立ち寄り、連歌師
宗長はここで連歌の会を催した。
武人では、信長、家康も鷹狩りにことよせて訪れ
ている。東条城は、天正18年(1590)に、家康が
関東に移った後廃城となった。それ故、現在の
遺構は天正年間の姿を伝えるものである。











戻る