塔の越遺跡
長野北浦遺跡




稲沢市長野

塔の越遺跡と長野北遺跡は稲沢市東部に位置する
古墳時代から近世にかけての遺跡。大江川をはさんで
西側、国府宮神社周辺は尾張国府(今でいう愛知県庁)
の推定地とされている。飛鳥時代から奈良時代の
建物群は、尾張国府との関連が注目される遺構。
















戻る