鳥居強右衛門


                  鳥居強右衛門
                           愛知県南設楽郡鳳来町

                  長篠城主の奥平貞昌の足軽。
                  長篠城が武田軍に囲まれた折、鳥居強右衛門が岡
                  崎の家康に
                  援軍要請した帰り、武田方に捕まる。
                  強右衛門は、武田勝頼に堂々と援軍が来ることを告
                  げ、感心した勝頼は、援軍が来ないと偽れば、命を
                  助けるとし、強右衛門はこれを受け入れ、長篠城まで
                  連れていかれる。

                  長篠城本丸跡

                  しかし、強右衛門は、援軍がもうすぐ来る、それまで
                  なんとか持ちこたえるよう大声で叫ぶ。
                  激怒した勝頼は、強右衛門を磔刑にした。

                  鳥居強右衛門

                  長篠城内は勇気づけられ、武田家敗走まで城を守り
                  抜く。
                  鳥居強右衛門はこの活躍により、後世に名を残した。

                            鳥居氏発祥地の碑
                  
                            愛知県岡崎市渡町東浦

                           鳥居氏一族の発祥地
                 鳥居氏は、松平・徳川氏のために数々の功績をたて
                 た譜代の忠臣です。
                 岡崎が今川氏の手にあった家康の苦難時代、家臣の
                 鳥居忠吉が今川方の城代の目をかすめて、主君が帰
                 城する日のために兵器や兵糧米をたくわえていた逸話
                 は有名です。
                 また、関ヶ原の戦いの直前、伏見城を守って討ち死に
                 した鳥居元忠も、家康の忠臣として名を残しています。

                            


                                戻る