富田の一里塚址



三重県四日市市富田町



富田の一里塚跡
昔、街道の両側に一里(約4km)ごとに
土を盛り上げえのき等の樹木を植えて
旅人の目印にしたものが一里塚である。
すでに戦国末期に存在していたが
江戸の始めごろから江戸日本橋を起点
として五街道を中心に設けられていた。
しかし明治以降は、交通機関等の発展
によりほとんど取り除かれてしまい、
本市においても、その面影をみることが
できなくなった。古地図や文献によると
四日市には富田・三ツ谷・日永・采女の
四ヶ所にその跡が判明されており、
これはそのうちの一つで、日永の一里塚
跡とともに県の史跡に指定されている。


戻る