冨田一里塚



一宮市冨田

一里塚は、江戸時代の慶長9年(1604)に徳川家康
が、江戸日本橋を起点とし、1里(約4km)ごとに築い
て、全国的に普及させました。一里塚には根が深く
広がる榎の木を植えることが多く、この冨田の一里
塚も東西に榎の大木が植えられています。
一里塚は、旅人の距離や運賃の目安となり、休憩所
としても利用されました。東海道の宮(熱田)宿と中山
道の垂井宿を結ぶ美濃路には、13ヶ所の一里塚が
設置されました。しかし、今では街道の両側に原形を
とどめるのはこの冨田の一里塚のみとなりました。
全国でも数少ない貴重な史跡のひとつです。





戻る