徳川家康


                               岡山陣跡
                     
                               岐阜県大垣市赤坂町

                                  岡山の陣
                     岐阜城を攻落して意気あがる東軍は慶長5年8月24
                     日、西進して赤坂一帯を占拠しました。翌25日、軍監
                     の本多忠勝と井伊直政が相談し、徳川家康の本営
                     に定めたのがこの岡山(現・勝山)です。
                     以来家康が到着するまでの約20日間、東軍諸将は
                     丘麓や周囲に布陣し、砦を築いて大垣城を本拠とす
                     る石田三成らの西軍と対峙しました。ちなみに大垣
                     城はこの岡山から東南方向わずか4kmにすぎません。

                     

                            家康の馬印とのぼり旗
                     慶長5年9月14日の正午頃、約3万の軍勢を率いた
                     徳川家康がついに赤坂に到着、岡山頂上の営舎に
                     入りました。同時に大垣城に向けて自らの馬印との
                     ぼり旗を立てさせ、大垣城の西軍将兵を大いに動揺
                     させたといいます。

                                家康の物見台
                     慶長5年9月14日の午後、家康の着陣による将兵の
                     動揺を抑えるため、西軍の島左近や蒲生郷舎、明石
                     全登らは大垣城を出陣し、杭瀬川一帯で東軍の中村
                     一栄・有馬豊氏の両隊と戦い勝利しました。(杭瀬川
                     の戦い)家康はこの戦いの一部始終を岡山の本営で
                     食事をとりながら観戦し、飯粒が落ちるのも気がつか
                     ないほどであったといいます。
                     古記録では扉を学舎の屋根にのせて観戦したようで
                     すが、ここではあえて展望台として、「家康の物見台」
                     と名づけました。

                     

                              関ヶ原岡山本陣跡
                     この山は海抜53mの立陵で慶長5年(1600)関ヶ原
                     合戦のとき東軍の総大将徳川家康の本陣が構えら
                     れたところで、天下分け目の大合戦に勝利を得た
                     徳川ゆかりの地を記念して岡山の名を勝山と改めた
                     と伝えられている。
                     またこの山は聖徳太子の創建と伝える安楽寺領で
                     あり、壬申乱をはじめ大垣藩関係に由縁の史料に
                     富んでいる。


                              徳川家康最初陣跡
                     徳川家康最初陣跡
                                      岐阜県不破郡関ヶ原町


                     徳川家康最初陣跡
                               岐阜県不破郡関ヶ原町

                     1600年9月15日未明、家康配下の3万余は、ここ桃
                     配山周辺に陣取り、家康はこの山頂において、大馬
                     印を高々と掲げ、指揮にあたる。
                     最後の陣地に移るまで、各陣営からの報告をもとに、
                     しきりと作戦会議が開かれたと思われる。

                     桃配山は、壬申の乱の時、天武天皇が兵士を励ます
                     ために桃を配ったところだという。

                     徳川家康が縁起をかついでこの桃配山に陣をおいた
                     といわれる。


                        徳川家康最後陣跡
                     徳川家康最後陣跡
                              岐阜県不破郡関ヶ原町

                     戦がたけなわとなると、徳川家康は本営を桃配山か
                     ら笹尾山の東南1キロのこの地に進出。
                     ここで家康は陣頭指揮に当たるとともに、戦が終わ
                     ると、部下の取ってきた首を実験している。

                               徳川家康腰掛石
                      

                               徳川家康腰掛石
                      関ヶ原の戦いに勝利した家康は、慶長5年(1600)
                      9月16日、近江佐和山へ軍を進める途中、ここ今須
                      宿の伊藤家で一休みしています。これはその時に
                      家康が庭で腰掛けたという石で、江戸時代を通じて
                      本陣の指定を受けていた当家は、代々これを大切
                      にしてきました。しかし、明治3年(1870)の本陣廃止
                      以後は、当境内に移して公開展示保存されることに
                      なったのです。

                      

                      

                                    戻る