天秤櫓



彦根城

天秤櫓(重要文化財)
この櫓は、豊臣秀吉が創建した長浜城大手門を
移築したといわれるもので、ちょうど天秤のような
形をしているところから天秤櫓と呼ばれた。この
形式は、わが国城郭のうち彦根城ただ一つと
いわれている。嘉永7年(1854)に中央部から
西方の石垣を足元から積み替えるほどの大修理
があり、東半分の石垣がごぼう積みであるのに
比べて西半分は落とし積みになっている。






戻る