伝馬町通



名古屋市中区錦2

伝馬会所  札の辻


慶長18年(1613)、本町通伝馬町筋の交差点に、
荷物の運搬に必要な人馬を継ぎ立てるため伝馬会
所が設けられ、また、寛文5年(1665)には、名古屋
と江戸の間の書状物品の定期輸送を行うため、飛脚
会所も設置されました。ここは、名古屋の中心で、
「尾張名所図会」には、「官道の馬継所なり。京の方、
清須宿へ二里、江戸の方、熱田宿へ一里半、慶長
18年より宿駅となる。旅籠屋も玉屋町にありて、
東西南北の岐なれば、京大坂より吾妻へ下る官人
も、伊勢路より信濃のかたへ通る旅客も、公私を論
せず、みな此所を往来せずという事なく、又町の
中央」と記してあります。名古屋からの距離はここを
基点に測定しました。正保元年(1644)には、法度・
掟書などを記した高札場も交差点の東南角に設けら
れ、これにちなみ、この地点を札の辻とよびました。




桜天神社


織田信秀(信長の父)は菅原道真公を深く信仰し、京都
の北野天満宮より、公の神像を勧進して那古野城中に
祠を祀った。これを天文7年(1538)現在の地に移した。
愛知県下で最も由緒ある天神社で、天治、宝暦年間や
昭和20年3月の大空襲など三度の戦火にも、御神体
は氏子により守られ現在祀られている。


名古屋市中区錦2

戻る