立花宗茂


大津城

大津市

大津城の戦い
慶長5年(1600)9月7日から9月15日まで、大津
城を巡っての戦い。関ヶ原の戦いの前哨戦。
西軍の京極高次は、突如東軍に寝返り、大津城に籠城。
これに対して、毛利元康を大将とし、立花宗茂、小早川
秀包、筑紫広門ら15000人の軍勢をもって、9月7日より
大津城に攻撃を開始した。京極高次らは奮戦するも、
9月15日に降伏し、大津城を開城する。高次は助け
られ、高野山に上がって出家することになる。
大津城の戦いで西軍は勝利するが、15000の兵力を
関ヶ原に向けることが出来なかった。特に、立花宗茂
が関ヶ原に参戦出来なかったことが、西軍にとっては
不運だったと言われる。宗茂は、戦後に改易。関ヶ原戦後、
徳川家康は、この功により京極高次に若狭一国を与えた。



戻る