竹中氏陣屋跡


                     
                           岐阜県不破郡垂井町岩手

                     竹中重治没後、嫡男重門は関ヶ原の役には徳川家康
                     に見方し、五千石を安堵され恩賞を賜り旗本となった。
                     この頃、菩提山城を下り、ここに陣屋を構え領地を
                     支配した。
                     現存する木造白壁塗り櫓門稍破損している門扉・
                     門をはいって正面にあるめかくし石垣・濠・石垣
                     などが当時の面影を留めている。

                     


                                 戻る