高宮宿



滋賀県彦根市

高宮宿は、中山道69次のうち江戸から64番目。
天保14年の記録によれば、町の南北の長さ
七町十六間(約800m)の町並に、総戸数835、
人口3560で、本庄宿に次ぐ中山道第二の大きさ、
本陣1、脇本陣2、旅籠総数23等の宿場施設を
持つ大宿であった。また多賀神社への門前町
としてにぎわい多賀神社の大鳥居がここに建っ
ている。特産物として室町時代から全国的に
有名になっていた高宮上布の集散地として、
豊かな経済力を誇っていた。



常夜燈


大鳥居の脇に高さ6m、底辺の一辺3.3mの正方形
をなす大きな石造りの常夜燈である。
燈明を灯す小窓までは石造りで13段の階段がつい
ている。常夜燈は、暗くなった多賀道に明りを灯し、
道行く人々や多賀大社に参詣する人々が安心して
お参りできるためにの、今の街灯にあたる。
古くは一対で建立されていた。

戻る