高桑城


                  
                          岐阜県羽島郡柳津町高桑

                  鎌倉時代の始め(1190年代)から1567年(永禄10年)
                  まで、この地に高桑城があった。
                  この城は土塁で築かれ、周囲は約400m。その北西
                  には御館様と呼ばれる城主家高桑氏の住居があった。
                  城は、1527年(大永7年)8月留守居役の武田氏に渡り、
                  1567年(永禄10年)織田信長の手によって落城しまし
                  た。
                  今は、堤外に土盛りが一部残っており、城石は慈恩寺
                  の観音堂の石垣に使われている。

                            羽島ゴルフ
                  
                  
                  城跡碑の隣にある。

                                戻る