高木城


高木城

安城市高木町

高木氏の館跡です。室町時代、高木宣光がここに
移り住み、高木清秀のとき、永禄6年(1563)三河
一向一揆がおこり、清秀は徳川家康に味方し、
高木の土地を与えられました。天正18年(1590)
家康の関東移封にともない、この地を去りました。
その子の高木正次は1万石の大名になりました。






戻る