平忠盛


忠盛塚

津市

平清盛の父忠盛が生れたところと言われる。伊勢平氏
発祥地の伝説地として三重県指定史跡となっている。



平氏発祥伝説地
伊勢の国は、武家の棟梁平氏根拠地であった。
平氏にも数流あるが、最も頭角をあらわしたのは、
桓武天皇より出る”伊勢平氏”で平維衡が伊勢守
として在任して以来、正度、正衡、正盛、忠盛と
相ついで伊勢国や伊賀国に勢力を張った。
中央に進出した正盛、忠盛は海賊追捕などで
武功を重ねて、熊野や瀬戸内海の強大な水軍を
支配し、院政政権の側近として活躍した。
安濃美は、白子や桑名とともに平氏一門の
基地の港として重きをなしたが、忠盛の子清盛
も熊野参詣に安濃美から船出している。
この産品付近は、忠盛誕生のときの胞衣塚、
産湯池や邸宅跡など数多い伝承に包まれた
平氏ゆかりの地である。






戻る