勝幡城


               勝幡城址


                           勝幡城復元図
                  
                          稲沢市平和町六輪字城之内
                          名鉄津島線勝幡駅近く
                   織田信長の父・織田信秀は尾張国南西部を支配する
                   勝幡城の城主・織田信定の長男。
                1534年織田信長は、勝幡城で生を受けたともいわれ
                   ている。


             尾州古城志。元禄時代に書かれ、写本として伝わる
                 この文書は、織田信長が天文3(1534)年5月28日
                 勝幡城で生れたと書き記す。  
                               中日新聞H20.1.13尾張版より


                          


                       

                       


                この勝幡城跡地は信長の祖父織田信定公が「天の
                利」「地の利」「和の創造」を実行する拠点と決め、
                津島港と尾張国府(稲沢市)の松下とを三宅川で往来
                し、尾張西部を手中とした。信長の父信秀公が津島を
                拠点にして勢力を拡大し巨万の富を権勢拡大に使い
                尾張の雄となった。信長の誕生は1534年5月である。


                       

                       

                       

                              
                   
                               勝幡駅前
 
                   

                                戻る