誓願寺と諏訪神社



岡崎市梅園町虎石

1566年、徳川家康の官位勅許の仲立ちをした泰翁の
ために、労をねぎらって建てたのが誓願寺である。
境内には、幼い頃虎童子と言われていた家康が弓のけ
いこをした際、腰をおろして休んだとされる虎石がある。



諏訪神社は、1523年岡崎城主松平信貞が
諏訪大明神を勧請したと伝えられる。境内には
岡崎で最も古いとされる石燈籠がある。

諏訪神社



戻る