金地院崇伝


金地院・開山堂

京都市左京区南禅寺福地町

金地院は、慶長の始め崇伝長老が南禅寺塔頭に移建。
金地院崇伝は徳川家康に近侍し、天海僧正と共に
幕議に参画。この金地院に明智門は移建された。



東照宮

京都市左京区南禅寺福地町

東照宮(重要文化財)
金地院崇伝長老が徳川家康公の遺命に依り寛永5年
に創建し、公の遺髪と念持佛とを奉祭す。建築様式は、
本殿、石之間、拝殿からなり所謂権現造り様式である。
拝殿天井の龍は狩野探幽之筆、欄間に掲げられた
三十六歌仙は青蓮院尊純法親王の御筆である。
(現在の額は画家黒田正夕氏の謹写したものである。)





明智門

京都市左京区南禅寺福地町・金地院

天正10年明智光秀が母の菩提のため、黄金千枚を
寄進して大徳寺に建立せしを明治初年、当院に移建す。

金地院



港区芝公園

徳川家康の政治顧問で諸法度など幕府法の基礎をつくり、
黒衣の宰相といわれた、以心崇伝が開いた寺である。



戻る