駿府城


                 
                           静岡市追手町

                 今から約650年前の室町時代、今川範国が駿河守護
                 職に任じられて以降、駿河国は今川氏によって治め
                 られました。九代義元の今川氏全盛の頃、徳川家康
                 は7歳から18歳までの間、人質として駿府に暮らしまし
                 た。永禄3年(1560)今川義元が桶狭間で織田信長
                 に討たれた後、今川氏は急速に衰退し、永禄11年
                 (1568)武田氏により駿府を追われました。
                 徳川家康は、駿府の武田氏を天正10年(1582)に追
                 放した後、同13年(1585)には駿府城の築城を開始
                 し、浜松城から移りました。
                 しかし、徳川家康は。天正18年(1590)豊臣秀吉に
                 より関東に移封され、豊臣系の中村一氏が駿府城の
                 城主になりました。その後、徳川家康は、関ヶ原の
                 戦いに勝利し、慶長8年(1603)に征夷大将軍に任ぜ
                 られ江戸幕府を開きます。
                 慶長10年(1605)に将軍職を息子秀忠に譲り、同12年
                 (1607)には、大御所として三たび駿府に入りました。
                 この時に天正期の城が拡張修築され、駿府城は壮大
                 な新城として生まれ変わりました。
                 城には、三重の堀が廻り、堀に囲まれた曲輪を内側
                 から「本丸」、「二ノ丸」、「三ノ丸」とする典型的な輪郭
                 式の縄張りとしています。
                 大御所の城にふさわしく、築城に際して「天下普請」
                 として全国の大名が助役を命ぜられ、各地から優秀
                 な技術者や多量の資材が集められました。
                 また、安倍川の堤の改修や城下町の整備なども行わ
                 れ、現在の静岡市街地の原形が造られました。

                                      案内板より

                 


                            徳川家康
                 

                          

                 近くに登呂遺跡もあります。
                 

                 
                              静岡市登呂



                               戻る