曽呂利新左衛門


落語が誕生したのは、16世紀後半の戦国時代。
織田信長の側近・野間藤六と、豊臣秀吉の側近
・曽呂利新左衛門が、とんちを利かせた笑い話を
伝えたのが始まりといわれている。 落語は将軍
や殿様を楽しませる手段のひとつとして誕生。

曽呂利新左衛門:架空の人物と言う説や、
実在したが逸話は後世の創作という説がある。

浄音寺

岐阜市三輪宮西

民衆に伝えたのは京都・誓願寺の和尚・安楽案策伝。
オチのついた説法を考案。 説法は落語の原点とも。



ここは安楽庵策伝上人が7歳で出家し、その生涯
において20年以上を過ごしたお寺です。正式には
浄土宗西山禅林寺派西谷山浄音寺といいます。
出家した後、この寺で11歳まで過ごし、その後に
京都の禅林寺(永観堂)で修行、さらに山陽地区
を中心に布教活動を行い、7つものお寺を復興、
建立した後、43歳になって再びこのお寺に戻って
こられ17年間過ごされました。この間、美濃の名刹
である岐阜市西荘にある立政寺も一時預っていま
した。その後、60歳の時、京都新京極にある総本山
誓願寺へ移られました。策伝上人は生涯において
集めた様々な落とし噺・教訓話・仏の教えを説教集
である「醒睡笑」8巻にまとめました。策伝上人は説教
の達人で、字の読めない人たちにも分かり易く仏の
道を教えるため、最後に話の落ちを使う手法を採り
入れました。醒睡笑にもその手法が活かされ、後世
に落語の種として使われるなど、江戸時代より策伝
上人が落語の祖とされてきた由縁はここにあります。
また、策伝上人は茶人・文人としても著名です。
古田織部に茶道を学んで、茶道史上に足跡を残し、
文人としても認められています。89年という長い
生涯に数々の業績を残した人物でもありました

戻る