白須賀宿



湖西市白須賀



白須賀の火防


東海道白須賀の宿は、津波の難を恐れ、宝永5年
(1708)潮見坂の下から坂上へ宿替えをした。それ
までの坂下の白須賀を元宿と呼ぶのは、この為で
ある。宿場の移転以来、津波の心配は無くなった
が、今度は冬期に西風が強く、たびたび火災が
発生し、大火になることが多かった。これは当時、
ほとんどの家が、わら葺きであったことにも依る。
そこで此の火事をくい止める為に、生活の知恵と
して工夫されたのが火防で、人々は「火除け」とか
「火除け地」とか呼んで大切にしていた。火防の
広さは、間口二間(3.6m)、奥行四間半(8.2m)
で、常緑樹で火に強い槙が十本くらい植えられ、
元は宿内に三地点六場所の火防が有った。









潮見坂


潮見坂は、街道一の景勝地として数々の紀行文な
どにその風景が記されています。西国から江戸へ
の道程では、初めて太平洋の大海原や富士山が
見ることのできる場所として古くから旅人の詩情を
くすぐった地であり、今でも総務眺望は変わらず、
訪れる人を楽しませてくれます。浮世絵で有名な安藤
広重もこの絶景には、関心を抱いたようで、遠州灘
を背景にその一帯の風景を忠実に描いています。



戻る