篠脇城



郡上郡大和町牧字志ノ脇

篠脇城は、鎌倉末期、東氏第4代氏村の時に
阿千葉城(剣)より移り、以後天文10年(1541)
第11代常慶が八幡町赤谷山へ移るまで、8代
230余年間にわたる東氏の本拠地です。





名勝東氏館跡庭園




戻る