下奈良城



一宮市春明

下奈良城跡
天正12年(1584)、豊臣秀吉軍と織田信雄・徳川
家康連合軍が対峙した小牧・長久手の合戦の
おり、尾張地方北部のこの地域は、両軍の
最前線地域として、非常に重要な地域となった。
江戸時代の他誌類や、村絵図に下奈良城の記載
は見られないが、秀吉が下奈良に砦を普請
させたという文書や、秀吉と信雄の間に講和が
成立すると下奈良砦は破却され道具類が
河田砦に移されたという文書があり、
下奈良にも、砦があったものと考えられる。




戻る