島津義弘


島津義弘陣跡
島津義弘陣跡
岐阜県不破郡関ヶ原町

戦国の雄・島津軍団千人を率いた義弘は、
北国街道をおさえるため、ここ小池村に陣をかまえる。
西軍がことごとく敗退するなかで、「西軍に島津あり」の
勇姿を家康に見せつけるため、義弘は最後の賭けに出る。
「背進」を最強の武器に変えたその決断こそ、
現代まで語りつがれる「敵中突破」である。



関ヶ原古戦場開戦地
関ヶ原古戦場開戦地
岐阜県不破郡関ヶ原町




戻る