島津豊久




島津豊久の墓地(島津塚)
慶長5年(1600)9月15日関ヶ原合戦の時、敵中を
突破し烏頭坂のしんがり戦で重傷を負った
島津豊久は従士に介護されながら、やっと
この地にたどり着いたが、遂に自刃して果てた。
時に31才の若さであった。この時、樫原の名主
三輪内助入道一斎は豊久の遺骨を懇ろに葬り、
瑠璃光寺を菩提所として祀った。豊久の墓は、
ここカリリンヤブと呼ぶ林にあり、島津塚ともいう。
また瑠璃光寺には豊久の位牌も祀られている。






上石津町郷土資料館

戻る