椎の木屋敷跡



刈谷市銀座六丁目



徳川家康の生母である於大が、岡崎の松平広忠に
離縁されて刈谷に戻された際、一時住んだといわれ
ます。江戸時代ではいっぱいには出入りが禁止され
ており、人夫がときどき清掃を行い、出入り口は鍵
がかかっていました。中央は窪地で、まわりが高く、
椎の木が多く茂っていて、五輪の塔が数基あり。
傍らに地蔵尊が立っていたといわれています。









戻る