聖徳太子


夢殿


夢殿(奈良時代)
西暦601年に造営された斑鳩宮跡に、行信僧都という
高僧が、聖徳太子の遺徳を偲んで天平11年(739)
に建てた伽藍を上宮王院といいます。その中心となる
建物がこの夢殿です。その中心となる建物がこの
夢殿です。八角円堂の中央の厨子には、聖徳太子
等身の秘仏救世観音像(飛鳥時代)を安置しています。

戻る