板垣退助



岐阜公園

明治の政治家。土佐高知藩出身。

明治15年4月6日に自由党総理板垣退助が
各地遊説の途中、岐阜公園に立ち寄り、演説をして
帰るときに教員相原尚ふみに刺されたとき残した
「板垣死すとも自由は死せず」という名言は有名。


戻る