重吉城


                    
                          愛知県一宮市丹陽町重吉字城戸

                                 重吉城
                    本城は尾藤源内の居城と伝える。天正12年(1584)
                    小牧・長久手の戦いの時、徳川・織田方の小牧山の
                    付城として清須と小牧を結ぶ連絡路確保の役割を
                    荷なう。同年9月7日、家康は重吉に陣を布き秀吉と
                    対峙した。

                    




                                 戻る