紫香楽宮跡(甲賀寺跡)



滋賀県甲賀市信楽町牧

紫香楽宮は、聖武天皇の時代に造営された宮都です。
天平12年(740)の「藤原広嗣の乱」を契機に平城宮
を離れた天皇は、天平14年(742)に信楽の地で離宮
建設を開始し、天平15年(743)10月には、「大仏建立
の詔」がこの地で発布されました。翌年の11月の
体骨柱(大仏鋳造の内型の芯柱)を立てる式典に
際して、天皇自らが綱を引いたと記録されている
ことから、紫香楽宮での大仏建立は、順調に進んで
いたことが推測されますが、天平17年(745)の紫香楽
宮廃都とともに中断され、東大寺(奈良市)で新た
な大仏が建立され、現在に至っています。






戻る