芝東照宮



東京都港区芝公園4



日光東照宮・久能山東照宮・上野東照宮
と並ぶ四大東照宮のひとつとされる。



芝東照宮のイチョウ


芝東照宮のイチョウ
芝東照宮は、以前は増上寺案国殿と呼ばれ、「江戸
名所図会」にもその姿が見られる。明治の神仏分離
によって増上寺から切り離され、東照宮となった。
このイチョウは、寛永18年(1641)安国殿の再建に
際し、三代将軍家光が植えたものと伝えられている。






戻る